--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

優勝…ドラゴンズですか。 そーですか…(泣)。

トラックバック(0) コメント(5) TOP
Categorie日記

2006’10.10・Tue

ふと趣味を思い出す。

普段はすっかり忘れてますが。

久々にビーズへの情熱が湧き上がり、昨晩はテグスと戯れました。
日曜に買い物に出た際に、ゆざわやに寄ったのがいけなかったみたい。
ビーズ、綺麗だったんだもん…!!
可愛いリングを作りました。
携帯の電源が回復したら写真撮ろっと(笑)。

こんなのも出ましたね。

bea001.jpg


よくCMで見かけるシリーズだけど、まさか自分が手を出すとは思いませんでした。
だって、絶対全号買えないもん!!(笑)。
でも、安いし可愛いしで、買っちゃった…えへ。
もうすぐ先輩の誕生日なので、アクセを作ってプレゼントする予定です。
ガンバローっと!!

トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorie日記

bonoさんのブログ企画に乗っかってるこのちゃっかり企画も、
随分と間が空いてしまいました。
ひとえに、職場環境のせいです(笑)。
それはともかく、最終回はトルコといえばここ!!というイスタンブル。

イスタンブルといえば、
トプカプ宮殿・アヤソフィア・ブルーモスク…などの歴史的財産が目白押し。
憧れの土地でした!!
そんな訳でとりあえず、アヤソフィアから。
モスクですよ。

20061008222422.jpg


卒論でちょこちょこ題材にしたモスクなので、実物を見たときは感動しました。
と言いたいのだけど、本当は、卒論の辛さを思い出して死にそうでした(笑)。
そうそう、この周辺では独楽(こま)売りが盛んでした。
一番楽しんでたのがうち担当のやる気の無い添乗員さんで、
それを見て私たちが喜ぶという一風変わった仕組みで盛り上がりました(笑)。

もひとつ有名なブルーモスクは、その外見の美しさは天下一だと私は思ってます。
外観はbonoさんのブログにあるので、私は内部写真をチラッと…(見づらいですが)。

20061008222810.jpg


女性は、スカーフを頭部にかけてモスクに入ります(例外もあるかも)。
トルコ特有のドーム天井に包まれた内部は、
幾つもの蝋燭の灯火とステンドグラス越しに差し込む光で、ほのかに明るい感じ。
コーランが鳴り響いたりして結構厳か。
神秘的でしたよ。

イスタンブルには大きなバザール(市場)もあるし船にも乗れるし、
歴史遺産意外にも楽しむところはたくさん!!
街めぐりは本当に楽しくて、どうもトルコの方は日本人に甘いです。
気さくに声をかけてくるし、アイスの量は増量してくれるし…(笑)。
そんな中でも気に入ったのが、イスティクラル通りを走る路面電車。

20061008223624.jpg


超可愛い!!
仕組みが分からず乗れなかったけど、適当に飛び乗って適当に飛び降りる、
なんて芸当をしてる子供もいて、結構ドキドキしました(怪我するなよ~!!)。
最終日は粉のアップルティーやビール(ベルギー産のものが多い)、
お菓子を買い込んで打ち上げをしました。
名残惜しかったうえに最悪だったのが、帰りの飛行機。
楽しんだ後の11時間は、めちゃくちゃ長く感じられたからね…。


楽しかったトルコ旅行ですが、行きそびれた場所も多く(地下神殿…!!)、
是非もう一度行きたい国です。
新婚旅行にトルコに連れて行ってくれる人、いなかなぁ(笑)。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

2006’10.08・Sun

あと驚くのは(BlogPet)

ほんとうは、りるは

あと驚くのは、小さなカップに凱旋orコーヒーを入れて飲むんですけど、
そこに角砂糖を3つ4つ入れるんですよ!!
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りるじろう」が書きました。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

2006’10.01・Sun

凱旋門賞。

頑張れ、ディープ!!
何ていうか、万一成績がダメでも、とにかく無事に帰ってきて・・・!!

実は私も知らなかったんだけど、地元に『競馬観音』なる場所があるのです(笑)。
そこに往年の名馬・ライスシャワーの供養塔があったので、思わず、
「とにかくディープを守ってね!!」とお願いしてしまいましたヨ。
私はホクトベガがドバイで予後不良になったのを見て以来、
本当に海外遠征が必要なのか、疑問でならないのです。
世界最高の舞台で勝ちたい、勝たせたい、と言う気持ちは分かるんだけど…。
人間でも長い輸送、慣れない環境と馬場が、ディープに不利になりませんように。
気をつけて帰ってきてください!!

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

きょうりるじろうは、高揚するはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りるじろう」が書きました。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

Next |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。