--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’01.31・Thu

今、帰宅!

月末ー! 風強いー! 寒いー!

だからこそ、お家が良いですね★
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

2008’01.29・Tue

頑張ること3つ。

今の会社に入社してから、相当な数の試験を受けてきましたが、
久々にまた、来月受験しなければならない試験があります。

まぁ、70点が合格なので何とかなると思うのですが(って、ならなかったらヒドイ)、
でもたいていの場合、70で受かっても意味はないんですよね。
とりあえず、2月の頭が試験なので、今週末あたりから本腰入れねばなりません。
・・・頑張る。


あと明日から、私が尊敬してきた先輩が産休に入ります。
「この人がいてくれたから、私もここまで頑張れた!!」と心から思う先輩なので、
いなくなってしまう事実を受け入れることがまだ出来てません。
育児休暇も含めて、来年の5月まで。 
それまで私、辞めずにいられるかどうか甚だギモンなんですけど(笑)、
こちらも頑張ります。


さしあたって、明日の朝、会社から先輩に送るブーケを受け取りに
花屋さんへ行かねばなりません。 
・・・・・・早起き、頑張ります(笑)。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/news/php/s_news.php?f=k&d=20080124&n=8

私が2007年8月13日の日記で書いた、塩原温泉にある「スープ焼きそば」が、
ファミリーマートで限定発売されるそうですw
関東地方全域で発売になるみたいなので、ちょっと捜してみようと思ってます。
皆さまも、お見掛けになりましたら是非w
って、私も食べてないから、味の保証は出来ませんが・・・(笑)。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

2008’01.23・Wed

雪情報

未明から雪が降る、という予報でしたが、
今のところ、栃木県北部は降ってません。
でも、寒い!
さて、降るのかなぁ?


続報。
9時過ぎから降り始めました。
でも全然、これなら積もらないですね。
朝ニュースで見た東京駅の方が凄かった気が。


俗・続報。
結局、何度か降りましたが、全部雨のような感じで、うっすらとも積もりませんでした。
私が小さい頃より、格段に減ってます、雪。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

映画版『魍魎の匣』、見てきましたよ。
京極夏彦氏の人気シリーズ小説の2作目。 映画も、2作目です。
上映してる宇都宮の某映画館では11:50の上映のみ。 驚き。
事前に調べて行ってよかったです。
で、事前に調べても全然知らなかったんだけど、
たまたまオール1000円デーだったので、安く見ることもできましたw 
こちらも驚き。 妙にツいてる!!
これは内容も期待できますよ!!(根拠が薄いですりるさん)


で、見終わったときのイチバンの感想は、
「あれ? 原作ってどんなだったっけ?」という頭の悪いものでした(笑)。

間違いの無いように先に申し上げると、映画は非常に面白かったです!!
想像以上のまとまりの良さの一方で、想像以上の破壊力もありました。
研究所の崩壊シーンとか! 京極堂のステップとか!! 関口のウザさとか!!!(笑)。

面白かったからこそ映画をそのまま楽しめてしまい、
逆にどこが原作と違うんだっけ?これ原作の雰囲気で全然オッケーじゃん?と
相違点を思い出すことがしばし困難になってたのでした。
まぁ単純に、私が原作の小難しい内容を忘れてたって部分もあるんだけども(ェー。


あの凄まじく長い小説の視点を、大きく関口メイン・榎木津メイン・木場メインに分断して、
さらに時系列をそれぞれに立てておいて、3者が交錯するのは要所のみに絞ったという、
前半部分の大胆な演出がマジお見事っ。
何て分かりやすいんだ!!(←最大級の賛辞・笑)
おかげで怒涛の後半、研究所編への流れも自然でした。
もうね、ストーリー展開は原作とかけ離れてるんですよ。
だって、約2時間のなかに、殺人的な長さ(笑)の原作を忠実に再現するのは事実不可能。
ならばどうするか?ということを、考えに考え抜いて、敢えて変更してあるのに、
なのに、『魍魎の匣』の核の部分はちゃんとあるんです。
はっきり言って、前作とは比べ物にならないくらい、面白かったです。


ちょっと驚いたのは、
唯一前作からキャスト変更があった、関口=椎名桔平さんの、背の高さと姿勢の良さ。
何だか関口がちゃんとした人に一見見えるから不思議っ(笑)。
個人的に、関口の方が木場より大きい、という映像が今まで脳内になかったので、
そこはちょっと違和感でした。 
それに椎名さんだと、『姑鳥女の夏』で連呼される「サル」というイメージはないですね。
せいぜい今回のように「かめやまハブラシくん」扱いが妥当なところです(妥当?)。
永瀬版関口の方が、原作にある「病的」な部分はよく表れてましたが、
椎名版関口の方は、原作にある「ウザさ」を、これ以上ないほど良く表現してありました(笑)。
これは神業級です。 

あとは、榎木津が人の話を良く聞き、過去の自分の行いが今の悲劇を生んだからと
真面目に捜査し、挫折して京極堂を頼るという一連の行為がめちゃくちゃ可愛い。
京極堂と榎木津、関口の絡みの台詞もテンポ良くて、コミカルな部分もグッド。
原作の長い台詞に頼らない演出も、とても良かったし、
可奈子や木場のエピソードをごっそり削ったのも、英断だと思います。

で、猟奇的な部分もかなりきちんと気味が悪くて、
研究所の隔世的な雰囲気や設備もちゃんとしてるし(研究所地下は、栃木の撮影だったはず)
いやこれ、面白いでしょう。 良かったです。
原作読んでなくてもストーリーが理解できるのかは保証できないし、
原作どおりじゃなきゃ嫌って人にもオススメできないけど、個人的には大満足です。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

2008’01.20・Sun

1/20の競馬。

今日は1日お出かけの予定だったのだけど、好きな馬が出走するので、
朝イチバンでその子の単勝だけ買ってから出かけましたw

その子の名前は、コンラッド。
ドイツ語読みになると、コンラートですね。 
神聖ローマ帝国の皇帝にもこの名前がありました。

が!!
モチロンそんな理由で応援しているわけでは決してなくて!!

 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie競馬日記

2008’01.20・Sun

シッポ属性?

昼間、マーチ君に乗って本屋さんへ行きました。
久々のリアル書店は、やっぱり楽しかったw

帰宅して暫らくしてから、知人Mから電話が来ました。

M 「さっき○○に居たでしょ?」
私 「居た!! 何で知ってるの?」
M 「あんたの車は目立つのよ。 それよりさ、車のトランクから、シッポが生えてたよ」
私 「はぁ?」
M 「危ないから、ちゃんとしまっておきなさいね」

何のことかと思ってマーチ君を見に行ったら、確かにトランクから何かがはみ出してる!!
どうやら、ガソリンスタンドの人が灯油缶を固定してくれた紐のようです。
しかも何だか、ホントにシッポみたいな感じで、
車の真ん中から絶妙な長さがはみ出してるのです。



くぅぅ、可愛いぜマーチ君!!(笑)


あまりに可愛いので、このままにしておきたい衝動もありましたが、
安全と法律のためにきちんと片付けました。
車に萌える日が来るとは、ちょっと思わなかったです(笑)。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

2008’01.19・Sat

1/19の競馬。

どちらかと言えば、自分メモ用。
興味の無い方は読み飛ばしてください(笑)。

その前に一言。

幸さん、1日で3勝、おめでとうございます!!(笑)

 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie競馬日記

2008’01.18・Fri

一応、製紙業経験者。

偽装の2007年が終わり、新たな気持ちで…と思ったところで、
製紙業界の偽装が発覚。
2008年の最初になってしまいましたね。
ちょっと残念です。

私も以前は小さな製紙会社に勤めてたことを思い出しました(笑)。
パルプと古紙との比率を変えて手で紙をすいて、
紙の白色度や強度を測るの。
それが基準をクリアして初めて、工場で大きな紙を製造するのですよ。
よくある検査員でした。

でも、コピー用紙のような系統の紙は製造してなかったので、
「大きな会社が作ると、古紙100%でもこんな精度の高い紙が出来るんだー」
と、のんきに思ってました。
古紙100%の目が結構粗いのは、何となく想像がつく通り。 
それは知ってたけど、でも疑うほど紙に対する知識無いので、凄いと思ってたんだけど。
けど、やっぱり、違ったんですね。 いろいろ難しいなぁ。

でも、こんなにあちこちで偽装してて、卸売りがなくなっちゃうと、
会社で使う紙が品薄になって高騰して・・・ってなりますよね。
そんな身近なところから環境の面まで、多面にわたるお話ですね、今回のは。
頑張って下さい、製紙会社さん。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

2008’01.18・Fri

ゴチ9

森 泉ちゃんかぁ( ̄~ ̄)。
いや、美人だけども。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

2008’01.18・Fri

PS3の戦略なのかな。

 →PS3の販売を、40GBシリーズに限定


PS3とPS2の二つの機体がないと、ろくにゲームも出来ないのですか?>SCEさん。
20GBと60GBっていう両極端を廃止するのは良いので、
40GBでPS2との互換性のある機体を作れって併売すればいーじゃん。
と考えるのは、素人なのかなぁ・・・?

まぁ、FFが発売されるまではPS3を買わないので、良いのですが。
良いのですが。 

・・・なんか、寂しい(笑)。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

今日の仕事が暇だなって…!!(笑)


別に、普段が忙しぶってるわけじゃなく、単に人員不足だったからです。
今月から新人さんがまた増えて、
定員5人の部署に新人が3人もいるというある意味驚異の状況でありながらも、
やっぱり定員がいるというのは凄い。
一人で仕事が出来るようになるまで半年以上かかるけど、
それでも5人いるって、凄い。
何が凄いって、5人揃ったのが1年半ぶりだという事実が、結構凄いよ(笑)。


今まで抱えていた仕事を教えながら割り振ったので、
同じペースで働いてたら、午後はちょっと暇でした。 
この感覚、久しぶり~w 嬉しい。
そんな訳で、定時で退社です。 
定時は嬉しいけれど、しがない契約社員は時給分がなくなるわけで、
懐は寂しくなります。
でも、自分の時間があるって、良いな。 素敵だな。
久々にアフターファイブ(って、今言うの?)を堪能したりるですw

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

2008’01.17・Thu

主観と客観。

自分には、客観的に物事を見つめて文章に起こすという才能が、全然無いんですね。
常に、主観。 
自分がどう感じ、揺さぶられたのかを書くことしか出来ません。
それは他の人のも同様で、主観的に書かれた内容を読む方が、好きです。
せっかく読むなら、その人のことが分かる文章の方が良いですもん。

でも、「客観的」な文章を書けたらいいな」と思うのも、また事実。
もっと思うのは、主観と客観を適度に織り交ぜて書けたりしたら、最高だと思う。


・・・・・・何が言いたいのかだんだんよく分からなくなってきました(笑)。
何でこんなことを考えたかと言うと、実は前からそうなんだけど、
bonoさんの文章を読むとこんなことをすぐ考えちゃいます。 
久しぶりにbonoさんの過去記事読んだら、ものすっごくいろいろ考えさせられました。
こんな着眼点を持てたら素敵です。 


で、客観的に文章を書こうとすると、やっぱり失敗してこんな文章に(笑)。
才能無いなぁ。

トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorie日記

1/11の日記で、
>この「~」とか「∑」とかが、ドリコムの方で表示できなくなったみたいです。
>「?」と表示されてしまいます。
と書いたら、今日、こんな表示がドリコムさんに掲示されました。

障害報告


・・・・・・あ、やっぱり障害だったんですね。
昨年末から調査してたってことは、把握してたってことで、それを今日掲示するんですね。


へぇぇぇ?
ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅん? (←こいつ、感じ悪い・笑)

頑張って、早く通常表示になるようにお願いしますねw
って、ここは見てないか。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。