--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

個人的な統計として、NHKの朝の連続テレビ小説は、
秋冬期の作品の方が春夏期よりも面白いことが多いと思うんだけど、
今期も私にとってはそのパターンです。
何だろう、関西が作成した作品の方がツボにはまる・・・。
『どんと晴れ』以降、東日本が舞台の春夏期で面白い作品が来ないのは、
それはそれで寂しいです。 NHKさん、頑張って!!

『ウェルかめ』はやっぱり、
「編集者になりたい!」っていう 「夢」 を描いているのがイイです。
長年夢見てきた「ファッション誌の編集」はダメになっちゃったけど、
それでも「編集者」という職業は捨てられなかったヒロインは、
どれだけ痛い子でも(痛い子なんです・笑)、偉いなぁと思ってしまう。

先週は取材の難しさ、今週は記事作成の難しさを描いていて、
日頃ブログ程度とはいえ文章を書く身としては、
いろいろ考えるものがありました。

あとは、「家族」がしっかり描かれているところもイイ。
土曜日放送分では、ヒロインが、
初めて自分の記事が採用された雑誌1冊を持ってくるんだけど、
すでに父・祖父・弟が1冊ずつ持っていて、
その「親ばか」ならぬ「家族ばか」ぶりに思わずホロリと来てしまった。

そして最終的に、ラブコメ度が高いところが、一番お気に入りです(笑)。
恋愛オンチなヒロインと、あまりにも掴みどころのないカメ遍路、
ヒロインを好きな幼馴染・・・など、ラブコメ定番の「かみ合わない」ところが
何ともイイ感じだなぁと。
次回からはだんだん恋愛っぽくなりそうなので、楽しみですねw


・・・でもまぁ、ラブコメ度で言えば、
前シーズン『だんだん』の石橋さんに敵う人はいませんけどねっ!!(笑)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。