--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

私好みの展開にも程がある!!(←褒め言葉・笑)
勝乃新とナミちゃんのじれったいすれ違いが、
ホントお約束過ぎて面白かったです。
すれ違うのも早いなら、誤解が解けるのも早い展開も良しw
「本当に好きなの?」に答えられなかった勝乃新が、
ケイタイを買っちゃうくらいには大好きなんだっていうのが
すごく良かったです。
とりあえず、山田マヤちゃんがグッジョブでした(笑)。

あとはアレです。
亀園さんとナミちゃんのやり取りの中で出てきた言葉が印象的だった。

『伝わるのは、言葉じゃなくて「想い」なんですね』

もちろん言葉は伝わるわけですが、そう、大切なのは「想い」なんだよね。
どんなに言葉を尽くしても表現できないものは、どうしたってあるんだと思う。
「想い」のこもった「言葉」を使える幸せ。
忘れないようにしたいです。


このエピソードと対照的なのが、館長さんの亀園さんへの恋でした。

『頑張って』

うどん屋さんで、瞳に涙を滲ませながらそう願った館長さんの、
「大人」な意地が素敵でした。
敢えて自分の「想い」を伝えなかった館長さん。
若い人たちが自分の想いをひたむきに追いかけるのとは違い、
ぐっとこらえる「想い」の力を見せ付けられた気がします。
だって、今まで亀園さんを見つめる館長さんは、本当に幸せそうだったから。
その「幸せ」を全部隠して送り出した男気は、カッコイイの一言です。
久々に、ドラマ見て泣いちゃったよ。
海を経てつながる幸せにすべてを託した館長さん、素敵な想いをありがとうw

トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

>bonoさん

コメントありがとうございますw
『ザムド』、早いところ見たいです。 見たいんだホントに…!!(笑)
『化物語』も見たいんですが、
とりあえず今見ている『鉄腕バーディー』が終わったらどちらかにとりかかりますねー。
で、ザムド。

> 「言葉はいつも、心に足りない」

まさに至言ですね。 
いつだって言葉は、心を表す至上の方法にはなりえないと私は思っています。
「目は口ほどにものを言う」という表現もあるくらいだし、
あくまでも、複雑な「心」のありようを伝える手段の一つだろうと。
でも、だからこそ、

> 「言葉が足りなきゃ 心ごとくれてやるよ」

これ、すっごくカッコイイですね!!
これは「言葉」じゃなければ言えません!!
どんなに目線で訴えても、こんなカッコイイこと読み取れません。
やっぱり、言葉って大事なんですよね。
心のこもった言葉が、大事なんだ。
まさに「すっげー」ですねw
良いこと聞きました。 ありがとうです。

りる:2010/01/18(月) 16:41 | URL | [編集]

『忘念のザムド』でかなりいい味出してる
女船長がいるのですが、彼女の名台詞に
「言葉はいつも、心に足りない」
というものがあります。
りるさんのご意見そのものですね。
カッコイイです。

言葉では表現できないくらいの
感情を伝えなければいけない場面で、
この難題をどう表現するのかと思ってたら、

「言葉が足りなきゃ 心ごとくれてやるよ」

すっげーっ!!!
と思いました。

りるさん、鋭いですね。
これからは、紅皮伊舟と呼ばせてください。
(ひそかに、です)

bono:2010/01/17(日) 02:23 | URL | [編集]

>bonoさん

コメントありがとうございますw
本当にコントのようでした・・・もしくは漫画。
とにかく、「こらこらこらこら!」と思いつつも、
突っ込みどころの多さが抜群に面白かったです(笑)。

> 真彩ちゃんなんかエスパー魔美の
> 黒雪妙子だし・・・(マニアックすぎる例え)
名前は覚えてなかったけど、いましたよねあの立ち位置のキャラ!!
そして、ここでその例えが来るところがbonoさんらしいですw

> それにしてもカメ之新のうろたえぶりが
> かなり考え抜かれた演技だと思いました。
> 大東くん、すごい!
勝乃新はすごくいい味出してますよね。
ケイタイ持つ持たないでモメたときのやりとりなんか、
自然すぎて大東くんの意見かと思うくらいでしたよ(笑)。
っていうか、もう大東くん=勝乃新にしか思えません!!
そのくらい、「勝乃新」という人格を自分のものにしてますよね。


> ただ、ことばの伝え方がうまくなると、
> 心との整合性をとるのが難しくなるので、
良くも悪くも、ってところはありますよね。
「心」で思ってることのなかで、
口に出して言えることはごくわずかですもの。
自分で自分の考えを把握しきれないという意味で。
逆に、たまたま口をついて出た言葉を
自分のもののように思ってしまうこともあるだろうし。
難しいです。 でも、「想い」はこめたいですね。

> 「男はつらいよ」ですね。
そしてさらにイイ男になるわけですw
女って、いつもわがままですね(笑)。

りる:2010/01/17(日) 01:48 | URL | [編集]

人の恋路を邪魔するバチあたりが
コントのようなテンポで活躍していきましたね。

一平君なんかもう、アニメキャラのレベルです。
真彩ちゃんなんかエスパー魔美の
黒雪妙子だし・・・(マニアックすぎる例え)

それにしてもカメ之新のうろたえぶりが
かなり考え抜かれた演技だと思いました。
大東くん、すごい!

この辺が『ウェルかめ』の魅力です。
コミカルな部分はかなり開き直って作ってます。

>亀園さんとナミちゃんのやり取り

これは以前の波美には言えなかった言葉ですよね。
成長したんだなあ、と思いました。
ただ、ことばの伝え方がうまくなると、
心との整合性をとるのが難しくなるので、
(とりつくろいが上手にもなる)
気をつけないといけません・・・。

温水館長は、初めて出てきたときから
ナイスなキャスティングだと思いましたが、
やってくれましたね。
この人にはこの縁起しかない!
「男はつらいよ」ですね。

bono:2010/01/17(日) 00:43 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。