--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

会社にいると「○○させていただく」とか「○○していただけますか」と
何かと「いただく」を使う(使われる)ことが多いのだけど、
結構「この使い方あってるかな?」とか「それ変じゃないかな?」とか
思うところも多かったりします。
・・・まぁ、私が日頃ブログで使ってる言葉もたいがいおかしいんだけども(笑)。

一応、ブログは話し言葉を使ってるつもりなので、
ちょっとおかしいかな?と気付いていても
読んでもらった時にリズムが良い方を敢えて採用することはあります。
あと、そもそも私が間違いに気付いてなかったり、勘違いしてる場合も多々ある(笑)。

でもやっぱり、会社が使う言葉ってそれじゃいけないと思うので
いろいろ勉強しなきゃとは思ってるんだけど、
何しろうちの会社は素で試験の多い会社なもので(笑)その時間が取れない。
若い頃にもっとちゃんとしたビジネス用語を学んでおけばよかったです。
うちの先輩がビジネス文書検定を持っているので、
すらすらと文章を書く姿にめっちゃ憧れますですよ!(←ホラおかしい・笑)

で、話は戻って「いただけます」のこと。
私がずっと疑問に感じてたのは、まさにこのことでした。

http://www6.ninjal.ac.jp/kotoba_faq/260.html

もし「~よう」と書くのであれば、私は「いただきますよう」が正しいと思うのです。
が、他の人が「いただけますよう」と書くことが多いので、一人モヤモヤしてました。
まぁ、小さなモヤモヤなのでたいして困らないのだけども。

リンク先の解説を読むと、
「いただけますよう」は一般化されているため誤りとは言えない、そうなので、
裏を返せば、本来的な使用例としてはやはりおかしいということなのでしょう。
それが分かったので、満足でした。


あと、こちらではなく先方の言葉で気になることが多いのが、
電話などで「○○さんおりますか?」と訊かれることかな。
おる、は「居る」の謙譲語なので他人に使うのっておかしいなぁと。
使うなら、「おられますか?」だよね。
まぁこれも何となく気になるくらいですけど・・・。

<引用・大辞林>
お・る ヲル【居る】[1](動ラ五[四])
[一]人・動物が存在する。そこにある。また、そこにとどまっている。
(ア)自分の動作を卑下したり他人の言動をさげすんだりする気持ちの
含まれることが多い。時には尊大な物言いに用いられることもある。
(イ)「おります」で丁寧な言い方、「おられる(おられます)」で
尊敬の言い方として用いられる。「きょうは一日じゅう家に―・ります」
「先生は昔、仙台に―・られたことがある」



まぁ、一番気になるのは、自分が何か間違った言葉を使ってないかどうか、です。
人の言葉が気になるのも、自分の間違いを気にしているからなんですよね。
気付かないうちに、何かやらかしてなければ良いのだけど・・・。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

>そらさん

コメントありがとうございます。
いつもお返事が遅くなってしまって本当に申し訳ないです!

>口にした直後に気づいて赤面することも(///)

あー分かります! しまった!って思ってモゴモゴと口篭っちゃって、余計に赤面しちゃうんですよ(笑)。

相手のいることなので、本当は細かい間違いなんかよりも、相手の気持ちを損なっていないかどうかのほうが重要なんですけどねw 
分かっていても難しいですー。

りる:2010/12/20(月) 01:17 | URL | [編集]

家にひきこもってるせいか、外で話す言葉がおかしいこと多々あります。
口にした直後に気づいて赤面することも(///)
もっと落ち着いて考えて話そうとは思いつつ、普段話してない分 話し相手がいると舞い上がっちゃって駄目です(--;

そら:2010/12/17(金) 18:49 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。