--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

実はあまり興味なかった、映画版『ブレイブ・ストーリー』。
アニメに俳優さんが声を当てると、
キャラの顔と俳優さんの顔がかぶってしまうので、あまり好きではないのです。
今回はそのパターンだし、宮部みゆきの原作も未読だし、見るつもりなかったのだけど。

気付いてしまった。

脚本が、大河内一楼じゃん!!

『プラネテス』ですよ、『コードギアス』ですよ、これはもう観なきゃ!!
というわけで、TSUTAYAの半額クーポンを利用して、早速レンタル。
時間的都合で一度観て返却してしまったので、正直うろ覚えですが、
以下簡単に感想をば。

まず、キャラクタが可愛い。
主人公ワタルの素直な絵柄は、宮部作品特有の「子供らしい子供」が良く表現されている。
あとは、周りをうろちょろしてる精霊??ぽいものが、
やっぱり丸っこくてカラフルで、動くことが前提になるアニメらしさを
最大限に生かしたデザインでした。 ちょこまかと可愛い♪
映像は全体的に、とても綺麗。特に空の奥行き感はスゴイ。
ただ、カッツ姉さんだけは、どーしても『プラネテス』のフィー姉さんに
見えてしまって仕方有りませんでした(笑)。

それから、声。
危惧したほど、役者の顔が見えてきませんでした。
それどころか、松たかこ、スゴイ!! 少年だよ少年!!
これはオーディションだったのでしょうか、キャスティング上手いですねぇ。
反対に、宮崎アニメは、顔が浮かんできちゃうんですよね…(だから嫌い)。
この違いは何だろ? 絵柄かな? 
あとは、真に上手い役者を起用してるかどうかだな。棒読みだったりするもんな。

そして、内容。
原作未読なんだけど、文庫でも上・中・下の3巻に渡る内容なわけで、
それを2時間弱におさめるのは大変な作業だったと思われます。
その点、さすが大河内さん!!
正直、詰め込みすぎなんだけど、詰め込まなきゃ話が分からなくなってしまうので、
それは良いと思う。 エピソードの省き方も上手だったし。
(3・4つめの宝玉を集めるエピソードが無いのは、アニメだけ? なら絶対上手い)
そう思うけど、もうちょっとワタルやミツルの心情と一緒に旅をしたかった、
という気持ちでいっぱいになったのも本当。
ワタル達を「大好き」になるまえに、世界が終わってしまった感じがします。
それがちょっと残念でした。

観終って、絶対原作を読もう!! と思いました。
そーね、今山積みの本が終わったら…えぇ、山積みのね…。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

きゃぁぁ、そらさん、お久です♪
原作も楽しみなんですよ、ただ、恐らく2月まで繰越です(泣)。
アニメは、アニメとかゲームとかの要素たっぷりの
可愛い仕上がりでした。
観たら感想教えてください!!

りる:2007/01/24(水) 21:47 | URL | [編集]

ブレイブストーリー 原作は読んだのですが、アニメはまだ見てません。
原作もよかったですよ^^
アニメはまだ見てないのですが、楽しみです☆

そら:2007/01/23(火) 11:59 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。