--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

あなたがいないと、私の世界は、全然キレイじゃないの。
あなたがいないと、ダメなの。
そんなこと、分かってるのに…私は、あなたを手放してしまう。
でも落ち着かなくて…やっぱり一緒にいたくて…。
探すんだけど、もう、見つからなくて…。
本当に、馬鹿だ。 私。
何度も同じ過ちを繰り返すなんて…。





・・・・・・という訳で私、コンタクトではなく眼鏡を使用しているのですが、
眼鏡を不意に外してしまうとどこに置いたか忘れてしまって、

眼鏡が無いので目が見えなくて眼鏡が探せない!!
という事態に陥ることしばしば…。


アホか、私。 というお話でした。
あれ?そういう経験、ないですか? そうですか…(がぁぁん)。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

スゴイ、返し歌みたですね!! 嬉しい~っ!!

>だけど布団は別々で・・・。

に、もう爆笑!!
愛ゆえに一緒に寝たら、反って悲惨な結果になりますもんねw
さすがbonoさん、センスがキラリで面白かったです。 
ありがとうございました!!

私は小さい頃から、物を擬人化して捉える傾向があったようで、
よく「椅子が可哀想だ」的なことを言ってたそうです(人が重いから・笑)。
付喪神でも見えてたのでしょうか。

りる:2007/06/10(日) 02:02 | URL | [編集]

君がいないと、僕の顔、不安にとらわれ落ち着かない。
細い視線のその先に、君を探すも見つからず。
僕らはこれで、終りなの?終わりじゃないの?
不安が形になるころに、「許してやるか」と現れる。
もう離さない、もう離せない、だけど布団は別々で・・・。
安心しなさい、浮気なんてできないから。
僕だけの「眼鏡」


さてさて、
自分の眼鏡に異性を感じたことはありませんでしたが
りるさんの着眼点は面白かったですね~。
アジカンの「サイレン」という曲は男視点、女視点の
2パターンで曲が存在します。
今回はそれを思い出して、書いてみました。
面白ければ幸いです。が・・・。
すいません。

bono:2007/06/09(土) 20:52 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。