--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’01.17・Thu

主観と客観。

自分には、客観的に物事を見つめて文章に起こすという才能が、全然無いんですね。
常に、主観。 
自分がどう感じ、揺さぶられたのかを書くことしか出来ません。
それは他の人のも同様で、主観的に書かれた内容を読む方が、好きです。
せっかく読むなら、その人のことが分かる文章の方が良いですもん。

でも、「客観的」な文章を書けたらいいな」と思うのも、また事実。
もっと思うのは、主観と客観を適度に織り交ぜて書けたりしたら、最高だと思う。


・・・・・・何が言いたいのかだんだんよく分からなくなってきました(笑)。
何でこんなことを考えたかと言うと、実は前からそうなんだけど、
bonoさんの文章を読むとこんなことをすぐ考えちゃいます。 
久しぶりにbonoさんの過去記事読んだら、ものすっごくいろいろ考えさせられました。
こんな着眼点を持てたら素敵です。 


で、客観的に文章を書こうとすると、やっぱり失敗してこんな文章に(笑)。
才能無いなぁ。

トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

>bonoさん

編集機能をお使いくださり、ありがとうございます(笑)。
そういえば、私もまだ使ったことない!! いつか試してみようっとw

>今後のさんこう・・・

いろいろ考えてたんですけど、「客観」を辞書で引くと、
「当事者ではなく、第三者の立場から観察し、考えること。」
とあるんですね。 
で、私が思ったのは、自分の眼を外側においてある一つの事を観察する行為そのものより、
それをすることで他の事にも目を向けられる状態が、本当の客観的な見方なんじゃないか、ということでした。

bonoさんはよく、ある一つのことを記しているのに、
突発的に別の事柄を引き合いに出して、共通項や相違点を見つけ出されますよね。
それって前述した「客観」の在り方そのものだ!!って、
bonoさんのブログを再読してて思ったんですよ。
良い感じに、視点が一つの事柄に没頭してない文章なんです。 
目配り気配り行き届いてます、みたいな視点なの。
それが素敵だなぁって感じたのです。
・・・う~ん、難しいな。 伝わりましたか?

りる:2008/01/20(日) 02:28 | URL | [編集]

ちょっと文章かわりました。

bono:2008/01/19(土) 02:26 | URL | [編集]

>bonoさん

いきなりのご指名、すみません(笑)。
これは昨日のものすっごく素直な感情だったのですが、
ご迷惑なら消します。 全然もう、気兼ねなく申告してください。

客観志向は、プライベートでは別にないです。 なかったです。
会社にいると、ろくにビジネス文章もかけない自分にあ然としますが(笑)。
ただ、最近「レビュー」と「感想」は違う、という記事を書かれた人がいて、
それがまったくその通りだったものですから、自分はどうかなって。
そんな事を考えてたときに、bonoさんの文章を読んだら、「これだ!!」って(笑)。
タイミングがバッチリだったんですよw。

でも、ありがとうございます。
確かに、私が「要約」を書くときのモードが、客観モードなのかもしれません。
そっかぁ、そこですね。 ちょっと気が楽になりました。

いつも、3歩進んで2歩下がる私ですみません。 ありがとうございますw

りる:2008/01/18(金) 00:28 | URL | [編集]

ちょっと自分で
読み返してみて、
意味が分からなかったので
書きなおしてみます。

りるさんの要約をよむと
すごく客観的に見えます。
それがあるから、
その後の感想が熱のこもったものになる。
そういう理屈が言いたかったんです。

私の文章は客観的には書いてるつもりは
全然ありませ~ん。
思ったこと、一番心に残っている
もやもやした塊を言葉に置き換えてる
そんな作業の産物です。
だから、あらすじもないし、
丁寧な解説も面倒。
というかうまく書けない。
なのでリンクがはってあるだけ(笑)。

だから、書くの樂なんです。
りるさんは自分で全部書こうとするから
悩むんだな、と思いました。
私の書き方は、ちょっと楽してます。
書きたいことしか書かない!

楽しければそれが伝わる。
そうなってればいいな、くらいのものです。

※大変うれしいです。
 どの辺、心に残りました?
 良かったらおしえてください。
 今後のさんこう・・。

bono:2008/01/18(金) 00:00 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。