--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2005’12.11・Sun

年賀状作りました。

私の分ではなく、親の分ですが…。

途中まで進めていた自分の分は、とりあえず後回しにされました(ぉぃ)。
ネットをほとんど見れない母に代わり、あーだこーだと希望を聞きつつ素材を無料サイトからお借りしてwordで作成。
………注文が細かいんだヨ!!
自分の分より時間かかりました。が、まぁ自信作♪(って、素材は借りてんだから威張れないけど)。

というわけで、主にこちらのサイト様にお世話になりました。
ありがとうごさいました!!
『素材工房まさん房』


で、ラー油。
しつこいようだけど、ラー油作ってます。
で、しつこいようだけど、こちらのサイト様を参考にさせていただいてます。
『新潟インターネット研究会』様の『プロジェクトひとりでできるもん! ラー油を作ろう』

なぜか巡り会ってしまったこの企画ですが、私にとっては天啓でした。
だって、美味しいラー油が食べたかったんだもん!!(笑)
市販のは、ただ辛いだけ、という味で物足りないんだもん!!
実は、このサイトを見ながら作るのはこれで3回目。
いい加減覚えろよ、と自分でも思いますが。
でも実は、かなりテキトーです。サイト見てる意味あんのかってくらいテキトーです。
なもんで、以下、覚え書。


<用意するもの>
・小さい耐熱容器(お猪口とかココットとか)…1個
・鷹のツメ…4本(お好みで)。3㎜くらいの輪切りにしておく。
・ネギの葉…2㎝くらい(お好みで)。微塵切り。
・ショウガ…3㎜くらい厚さで輪切りにした1枚(ですが、お好みで)。微塵切り。
・ニンニク…一欠けらの半分(しつこいけど、お好みで)。微塵切り。
・サラダ油…適量(後述)
・ゴマ油…適量(後述)
・銀紙…耐熱容器を覆えるくらい。
・トースター

<ラー油を作ろう>
①下準備。
…耐熱容器に刻んだ鷹のツメを入れ、サラダ油を鷹のツメが隠れる分量入れ、銀紙で蓋をして1日ふやかす(*1日以上でも問題ナシ)。
②香味野菜を入れる
…①の油に鷹のツメの色が移ったら(移るの、赤くなるのだ)、香味野菜の微塵切りを入れて良く混ぜる。サラダ油を少し足す。
③加熱(一回目)
…銀紙の蓋をした状態でトースターで加熱。5分~7分。器具で違うけど、中で泡が少し出てくるくらいで良いのでは?
④ゴマ油を入れる
…③が少し冷めてからゴマ油を入れる。感覚としてはサラダ油と同量くらい。
⑤加熱(二回目)
…3分~5分。器具で違うけど、泡がぶつぶついう状態が5分続くくらいらしいです。
⑥冷まして完成
…終わり。早!!

特徴としては、市販のものより色が薄いこと。オレンジっぽい。
あと、好みの辛さで作れること。
巧く作れると、香りもすごく良くものになります。食が進むんだ…。
あとは、炒飯のアクセントとか、ドレッシングに入れて中華風にしたり、麻婆豆腐の辛さの調節など、お好みで使えます。
ちなみに私は、味噌汁とか焼き魚とか、手当たり次第使います。
……味覚異常者、ではない、はず…。
それくらい旨い、ということで♪

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。