--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’08.26・Tue

感情を整理すること?

先週、某作品を視聴したあとに、どうしようもないくらい呆然としてしまい、
普段以上に使い物にならない人に成り下がってたのですが(笑)、
実は以前はこういう状態になることがとても多かったです。
大人になってからは減りました。
感情が磨耗したか、感情を覆い隠すテクニックを得たのかもしれません。 
どちらにしろ、良いことです。


子供の頃は、そういうことがしょっちゅうで。
本を読んで号泣して、その後泣いたまま布団でただ横になって。
(目は開いてるので、寝てはいないのだ)
母が何か言ってることは分かるけど、全然頭に入ってこないんですよね。
そんなことばかり。
母は、自閉症の気があるんじゃないかと思ったそうです。

しかもどうやら、他の人には、確かに悲しいけどそれほど号泣しないだろそこ!!
って場面でもそうなるらしくて、
母も何で泣いてるのか分からなかったりしたそうです。

厄介な子供ですねー(笑)。


私が感想記事を書くときに、よく「泣いた」と書くのですが、
あれ、多かれ少なかれ、ホントに泣いてます。 
何で泣くのか自分でも分からない時がホントに多くて、
だから私は感想記事を書いてるのかもしれません。

泣くのは、単純に感情が高ぶって起こる現象のようなので、
それが悲しいからなのか、嬉しいからなのか、もっと違う何かなのかを、
自分でも整理したいから、なのかも。


でも、多分、ただ書きたいだけな気もするので(笑)、
正直よく分からないや。


いずれにしろ、先週はメールを送りつけて一段落させることができました。
ありがとうございました。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

>べにすずめさん

コメントありがとうございますw
感受性が豊か、って、憧れのフレーズなんですよね。
そこに自分を当てはめて良いと思ったことがなぜかないのですけど、
そう言っていただけると嬉しいですw

>自主的にやらなきゃいけない場面で使い物にならなくなるので(汗)、

とても有効だと思います(笑)。
やってられないときってありますもんね。

りる:2008/08/27(水) 00:39 | URL | [編集]

りるさんやっぱり感受性が豊かなんですよ。
私は本もですが、なにかに夢中になると、自主的にやらなきゃいけない場面で使い物にならなくなるので(汗)、考えものです。
涙もろさも、大事にしていってください。
私は本を読んでも号泣はしないのでうらやましいな(笑う時は笑うんですがね)。

べにすずめ:2008/08/26(火) 07:27 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。